弁護士への相談で適した対処法が分かる

ピックアップ

タダで相談は可能

弁護士による法律相談は一般的には有料で、料金も高いですが、最近は自治体も弁護士等に依頼したりして無料で法律の相談を受けられるようなサービスも行っています。高額な料金を支払わなければならない時代ではなくなってきています。

正当な権利です

離婚の調停において金銭関係は特にトラブルになりやすいものです。事態を避ける為にしてほしいのが弁護士に依頼で、不要なトラブルを防げますし、慰謝料の件に関してもスムーズに話しを進めることができます。

相談にかかる金額

複雑な法律の問題は専門家にまかせてみませんか?過払い金を静岡で相談できる法律事務所はこちらです。悩んでいるなら今すぐクリック!

お悩みのことはなんでもご相談下さい。離婚の慰謝料問題で実績のある法律事務所はこちら。土日も相談可能です。

専門家に法律相談をした場合の費用について

 法律系の専門職には様々な種類があります。どのような法律問題にも幅広く対応することができるのは弁護士ですが、特定の分野に関する法的サービスを希望しているのであれば、弁護士以外の専門家を利用することができます。たとえば、身内が亡くなった際に相続税の問題で頭を悩まさてしまう人がたくさんいますが、相続税に関する法律相談であれば、税理士にするのが一番です。逆に、いくら弁護士といえども、税理士会に登録していない限り個別の税務相談に応じることはできませんので、税理士の法律相談を利用するべきだと言うことができます。税理士登録をしている弁護士であれば、相続税に関する法律相談に対応することができますが、その場合には30分あたり5000円前後の相談料がかかります。一方、税理士の相談料はその半額程度の設定になっているケースが多いです。

様々な専門家の相談サービスを利用する人が増えてきました

 従来は、自治体等が提供する法律相談サービスを利用する人が多かったのですが、最近は自分が相談したい内容の業務を取り扱っている専門家の法律相談サービスを利用する人が多くなってきました。専門家に相談すると、たとえその専門家があまり気に入らなかったとしても、業務を依頼する契約を結ばざるを得ない状況になってしまうのではないかと考えて、相談を躊躇してしまう人が少なくありませんでした。しかし、相談だけでもオーケーだということをアピールする専門家が多くなってきたため、気軽に利用することができるようになりました。自治体等が提供している法律相談サービスには無料だというメリットがありますが、一般論的な回答しか得ることができないというデメリットがあります。しかし、専門家による法律相談の場合は、個別具体的なアドバイスを受けることができるため、高い人気を呼んでいます。

トピックス

債務整理で解決

債務整理の結果、過払い金が手元に戻ってくるケースがあります。しかしこのようなケースがあることはあまり知られていません。現在過払い金返還ビジネスは、下火に向かっているといわれています。

ミニマム事業

合同会社は平成18年から設立が認められた会社形態です。 合同会社設立のメリットは一言で言えば、「簡単な手続きで 小規模な事業を展開することができる」という点で、ミニマム事業に向いていると言われています。